世界をつなぐ 人類の智慧 歴史

きずな ~伝承の数々~

  

  

  たくさんの発見をみつけましょう 

                   伝えましょう

 
  現在も浅野を名告る機関

組織名創立年月日紹介頁
浅野学園中学校.高等学校 (wikipedia大正9年1月創設浅野を知る
浅野保険代理部(株) (公式ホームページ)昭和13年設立(浅野保険部より)九転十起の男

 浅野を名告っていない浅野系企業

企業名紹介頁 
東亜建設工業(株)東亜の歩み 

尼崎築港株式会社

会社概要 
 日本カーリット(株)  
   
   

 黎明期に浅野総一郎と縁の深い企業

 関わる多くの企業人の努力により、独自の技術を育てながら現在そして未来に向け、大き発展している会社は多い。それらの中で、黎明期の発芽には浅野総一郎の蒔いた企業も多い。

会社名   
セメント事業 浅野工場日本セメント→太平洋セメント 

明工舎(沖牙太郎創設)明治14年

沖の妻タケは総一郎妻サクの叔母

明治39年沖牙太郎没

浅野総一郎社長となる

沖電気株式会社(明治45年)

 
日本ヒューム管下水道管など大切な設備コンクリート技術が生かされている 

 関連ホームページ  

日本カーリット(株)

日本カーリット(ウイキペディア)  
                 ユーザー訪問......(  群馬水力発電と日本カーリット(株)  )  
  
 カーリット黎明期物語 

浅野総一郎 傘下の浅野石油の技術者.近藤会次郎と高峰譲吉博士の世界漫遊途上での技術招集とカーリット生産のはじまりは浅野石油部を参照してください。概要は下記の通り。

大正元年春......驚くべき発展と国内売り上げを遂げていた浅野石油部だが、そのトップの寺田洪一が倒れ、越後の宝田石油にも他の資本が入り、その活動を一時

休めていたが、次なる機会を待ち望む日々を送っていた越後の近藤会次郎(浅野石油部技師長)のもとに、浅野総一郎から「直ちに上京せよ」との電報が届いた。実はヅエルニット博士から「ロッホ式のスレートの特許を取得しないか」との誘いがあり、近藤を欧州に派遣しようとしたのだった。

 折から、世界的化学者であり、タカジャスターゼ、アドレナリンの発見で有名な高峰譲吉博士が三共製薬との契約の用向きもあり、来日していた。総一郎の鶴の一声で、 大正2年7月、高峰博士、三共製薬職員3名、近藤会次郎の5人は一から二年の予定で欧州視察の旅に出発。

 旅の目的の一つは、進んだ欧州の先進技術を取り入れることであった。総一郎は自社の出張という役割を担わせ、永年の友人である高峰博士一行に近藤を同伴させる。時はまさに、欧州大戦勃発の寸前であった。高峰博士、三共製薬社員、近藤会次郎一行はドイツ、してオーストリアに。そこで、スレート製造権の契約。同時に、当時世界の話題となっていた空中窒素固定法の最先端技術をドイツで研究した。 近藤会次郎は日本での石油事業(原油からの精製事業)の海外視察に浅野事業部の仕事で出かけた時、その他に関しては以前から高峰譲吉博士とは親しかった。また、高峰博士は日本での人工肥料事業では渋沢栄一や浅野総一郎、益田孝らと親しく、黎明期の日本の化学工業の牽引役を共に果たしていた。ドイツで近藤はかねての予定通り、スレート製造契約を果たし、技術者、ハインリッヒ.ホフマンを浅野の傘下に雇用の契約。近藤会次郎はその後、高峰とニューヨークへ。ここで、ベークライト博士とも面会し、後のベークライト製造に関する契約を高峰博士と三共製薬の社員たちが携わる。高峰博士はそのままニューヨークの自宅に戻る。ちなみに、ポトマック河畔 に桜の苗木を移植しようと最初に奮闘したのは高峰譲吉だが、今は桜だけが有名となり、高峰譲吉の偉業にあまり関心が払われないのは残念なことである。

 さて、近藤会次郎が帰国したのは大正3年秋。 大正4年 スレート会社創設。

 大正六年4月、高峰譲吉博士の帰国を祝い、上野精養軒にて祝賀会が開かれ、当時の話題は、今後の日本の化学工業の発展には大きな電力供給が必要であることであった。

浅野総一郎が永年の懸案であった水力発電を具体化することにまっしぐらになったことは当然である。総一郎は吾妻川の水利権は押さえていたが、具体的に実行する以上は東洋一、いや、世界一を目指さねば気がすまないのはいつものことである。

 大正六年5月、永年の知人である福沢桃介から利根川の水利権を総一郎が取得。さっそく、図面を片手に現地を飛びまわる総一郎であった。総一郎の電源開発事業は早くから始まっており、明治二五年以前まで遡れる。

 大正八年9月には富山県庄川で庄川水力発電会社創設。

 大正八年10月には関東水力会社創設。社長は浅野総一郎。

 この時期、再び総一郎の命により、近藤会次郎は高峰譲吉とともに欧州視察に再び出掛け、この時、ドイツにてカーリットの爆薬製造法の製造契約を結んだ。これが、日本におけるカーリット事業のまさにはじまりの瞬間である大正8年11月 カーリットの製造権の契約を結んだ。帰国後、さっそく、カーリット製造に取り組む。

 大正9年1月4日、浅野カーリットの初荷が入荷。国産第一号のカーリット誕生である。

●当初、カーリット製造は京浜工業地帯にも近く、電源もあったことにより、保土ヶ谷に工場が建てられた。そのもう一つの理由は、浅野石油部の活動と大きな関係があるが、詳細は浅野石油部の頁参照(現在は未記入)。あるいは、「総一郎の度胸人生(毎日ワンズ)」参照。それまで、高価な外国産の精製済みのガソリンを購入していたが、日本人に安い石油製品を供給しようと建設された石油精製工場が保土ヶ谷に建設され、寺田洪一が責任者、近藤会次郎が技師長であった関係がある。

さて、日本の近代化とともに電力の必要が叫ばれるとともに、熾烈な過当競争も始まった。

その弊害を防ごうと、同じ地域の電力会社の統合の必要が叫ばれ始めたのもこの頃からでもある。

 さて、幾多の困難を乗り越え、昭和三年に群馬県の佐久発電所完成。この発電量は当時としては東洋一である。かつ、修理点検を経ながら、現在も水力発電を行っている。

 発電量はなんと、76,800キロワットアワー。昭和初期の発電としては驚異的数字であり、現在の大規模ダムと比較しても、かなりのものである。

●さて、カーリット製造会社もまた、豊富な電力供給地の近い群馬に工場を新設。地域の経済発展にも貢献している。

 以上

  

統合などにより、浅野の名が消えた事業
 

  浅野総一郎の企業活動に端を発した多くの関係機関や企業は多く存在します。統合などにより名前を変えているものも、その歴史を辿れば浅野総一郎に結びつくことを発見できます。

貿易部浅野物産丸紅などと統合 
外国航路東洋汽船後に日本郵船と統合 

水力発電関東水力後に東京電力と統合 
浅野石油部→宝田石油→後に日本石油と統合 

    
    

 

 ◆人と動物の違いは 能力や経験を伝えあうことが出来ることでしょう。

 そのことにより、人類の文化は発達し、地球の番人としての役割をも果たすようになりまはた。

 

 ◆温故知新と云われるように、人類の智慧の蓄積を学ぶことで、未来への指針が見えてきます。偉人と云われる人々は、この能力が研ぎ澄まされている為に、同じ一生という時間の枠の中で、世の中を引っ張っていく力を発揮できたのです。

 

 ◆まず日本人として、日本の古来からの歴史、また、明治以来の近代化がどのようになされたかを知ることが非常に興味深く、未来につながることと思います。

 その意味で、幕末に生を受けた一民間人、浅野総一郎の生涯を再現すること、また、その周辺の人物、例えば渋沢栄一、安田善冶郎、大倉喜八郎、益田孝、後藤新平などの人物の業績にも触れたいと思います。

 ◆また、日本各地の近代産業遺産として価値あるものをご紹介致します。

 ◆さらに、これからの子供達が工夫力、創造力をはぐくみ、新しい日本を担っていくために、一つの提案をいたしました。マジロコという木の積木です。見かけはシンプルですが、幼少期よりマニアックな大人までが楽しめる不思議な、かつ、たのしい積木です。魔方陣の原理ともう一つの数式を応用してあり、実用新案登録をしております。皆さまには広く割安でお届けしたく、努力しております。

 

 

  

 

 

    

  

 項目別  目次(A~Z)